ハローストレージのリアルな評判・口コミ6選!契約方法もまとめてご紹介

「ハローストレージを利用した人の口コミ・評判を知りたい」「実際の利用料金がいくらかかるか詳しく教えて欲しい」という方に向けて、

  • ハローストレージの特徴
  • 良い口コミ・悪い口コミ6選
  • 契約方法や初期費用・月額保管料

についてまとめてみました!良い口コミのほかに「いまいちだった・・・」という口コミもご紹介していますので、契約前の参考にしてもらえると嬉しいです。

ハローストレージの屋内型トランクルームの特徴

ハローストレージの屋内型トランクルームの主な特徴は次の4つです。

  • 首都圏を中心に17,000室を展開している
  • 大手セキュリティ会社(セコムまたはALSOK)と提携している
  • 24時間いつでも荷物の出し入れができる
  • 0.5畳から借りられる

駅近の物件が多く、サイズも0.5畳から提供している物件が多いので、ちょっとした荷物を預けたいという方におすすめです。

24時間出し入れができてセキュリティも万全なので、大切な荷物も安心して預けられますよ。首都圏では200件以上の物件があるので、首都圏近郊にお住まいの方はぜひチェックしてみてくださいね。

ハローストレージの屋外型トランクルームの特徴

ハローストレージの屋外型トランクルームの特徴は次の4つです。

  • 首都圏以外にも全国各地に多数の物件がある
  • コンテナの前まで車で行ける
  • 24時間出し入れができる
  • 大型サイズのコンテナがあるため、大きな荷物も預けられる

屋外型トランクルームは全国各地に物件があります。駅からは離れていますが、海上輸送用の丈夫なコンテナに荷物を預けられますし、コンテナの前まで車で行けちゃいます!

大型サイズのコンテナもあるので、大きな荷物の保管にもおすすめです。物件にもよりますが、1番広いコンテナは最大で9畳もあるんですよ。

ハローストレージを利用した人の良い口コミ・評判4選

ここでは、ハローストレージを利用した人の口コミを4つご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

結婚と同時に契約!広い部屋を借りるよりも安上がりに!20代夫婦

結婚を機に一緒に暮らし始めたのですが、お互い一人暮らしをしていたので、2人分の荷物となるとなかなかの量。

かと言って都心で広い部屋を借りるとなると家賃も高い・・・。ということで、夫婦で話し合って1LDKの賃貸+ハローストレージの屋外型トランクルームを契約することにしました。

2LDKの家を借りるよりも4万円以上安かったし、トランクルームの場所も家から車で10分!今のところ不便さを感じたことはありません。

預けた荷物は定期的に見直し。断捨離もできて嬉しい!29歳女性/会社員

家の収納スペースが少なくて荷物が収納できなくなったのをきっかけに、ハローストレージの屋内型トランクルームを契約しました。

屋内型を選んだ理由は、車を持っていなかったことと、駅近の場所に預けたかったからです。ビルの中にあるから室内もキレイだし、24時間出し入れできて助かっています。

預けた荷物は3か月ごとに見直していて、いらないと思ったものはそのままリサイクルショップに持って行っています。

おかげで、トランクルームを借りなくても荷物が収納できそうになってきました。(笑)月額保管料がかかるのは痛いけど、個人的には大満足です!

下の子が将来使うものを預けています。35歳女性/専業主婦

年齢が4つ離れた子どもがいるのですが、上の子が使っていた荷物を下の子が使うようになるまで保管しておきたいと思い、トランクルームを契約しました。

トランクルームに預けるようになってからは部屋のスペースにも余裕ができたし、「これ以上買っても収納できない・・・」と思って諦めていた物が買えたのが嬉しいです!

正直、他のトランクルームよりも高いとは思いましたが、セキュリティがしっかりしているので満足しています。

自宅に帰れないときのための荷物置き場として活用! 37歳男性/営業

普段から営業で外出することが多く、仕事や出張で終電を逃したときや、次の日の仕事が詰まっているときは会社近くのビジネスホテルに泊まっています。

トランクルームを契約した理由は、家に帰らなかったときのための予備のスーツや靴、カバン、下着などを置いておくためです。

これならいつでも新しいスーツやシャツが着れるし、家に帰る時間も短縮できるので個人的には一石二鳥だと思っています!

職場に置いていた私物も預けた結果、「デスク周りがスッキリしたな!」と上司に褒められました。笑

職場から自宅が遠いので契約して良かったです。

ハローストレージを利用した人の悪い口コミ・評判2選

続いてはハローストレージを利用した人の悪い口コミをご紹介していきます。

更新するたびに更新料がかかる 38歳男性/自営業

ハローストレージのトランクルームは1年ごとに更新があります。更新のときには賃貸と同じように更新料を払わないといけません。

月額保管料だけで良いのでは?というのが正直な感想です。設備を考えると妥当なのかもしれないが、毎年っていうのが勿体ないと思ってしまいます。

1か月しか使わなくても2か月分の料金がかかった 29歳女性/会社員

引っ越しが終わるまで荷物を預けるために契約しました。立地が良かったのでハローストレージを選んだのですが、1か月しか使わなくても2か月分の料金が発生したのでびっくり!

最短利用期間が2か月なんですね・・・。最低でも2か月以上契約しないと損をしてまうので気を付けたほうが良いと思います。

ハローストレージの契約方法

ハローストレージはインターネットだけで申し込み手続きができます!(電話でも問い合わせが可能です)

ここではインターネットから申し込む方法について説明していきますね。

ハローストレージの物件への申し込み方法(インターネット)

  1. ハローストレージの公式サイトにアクセスして、画面右上にある「トランクルームを探す」ボタンを押します。
  2. 契約したい物件が決まったら、物件のページの右側にある「このトランクルームを問い合わせる」ボタンを押します。
  3. 「これからお申込みのお客様」→「メール」の順番で選択します。
  4. お問合せフォームが出てくるので、物件名が間違いないかを確認してください。
  5. 必要事項を入力して送信ボタンを押します。

その後、担当者から以下のことを確認するための案内が来ます。

・契約者名
・住所
・電話番号
・ご利用開始日(お申込日より7日後を目安にしてください)

引用:ハローストレージ

上記の確認が取れてから契約関連書類が発送されるので、利用開始日などを事前に決めたうえで申込みをしましょう。

契約書類の受け取り・契約金の支払い方法

エリアリンク株式会社(ハローストレージの事業元)から契約書類と契約金の払込用紙が届くので、必要事項を記入して返信用封筒に入れて返送しましょう。※払込用紙を同封しないように気を付けてください!

書類を返送したら、手元にある払込用紙で契約金を支払います。あとは契約書類や入金の確認が取れ次第、郵送でトランクルームの鍵が届きます。

鍵を受け取ってからトランクルームを利用するまでの流れは次の通りです。

屋外コンテナの場合、下記のいづれか。
A.ご利用開始前日までにメールで暗証番号が届きます。当日以降、お部屋にかかっている管理用ダイヤル錠を開錠し、中に入っている専用南京錠と付け替え。
B.ご利用開始前日までに宅急便で暗証番号と専用南京錠が届きます。当日以降、お部屋にかかっている管理用ダイヤル錠を開錠し、専用南京錠と付け替え。

屋内トランクの場合、下記のいづれか。
A.ご利用開始日前日まで宅急便でセキュリティーカードと暗証番号、専用南京錠が届きます。当日以降、セキュリティーカードで物件内に入り、お部屋にかかっている管理用ダイヤル錠を開錠し、専用南京錠と付け替え。
B.ご利用開始日前日までにスマートフォンアプリのご案内と暗証番号、専用南京錠が届きます。当日以降、スマートフォンアプリで物件内に入り、お部屋にかかっている管理用ダイヤル錠を開錠し、専用南京錠と付け替え。

引用:ハローストレージ

ハローストレージの月額保管料・初期費用はいくら?

ハローストレージの月額保管料は物件によって異なります。たとえば、同じ広さの屋内型トランクルームでも場所によって数千円の違いが出ることも珍しくありません。

自分が契約したい物件の月額保管料は、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

ハローストレージの初期費用について

ハローストレージのトランクルームを契約する際は、以下の料金が発生します。

 

使用料当月分の使用料(日割)から、翌月分までの使用料
管理費当月から翌月分まで
(2,160円x2ヶ月分=4,320円)
事務手数料使用料の1ヶ月分
鍵代屋外型トランクルーム:4,320円
屋内型トランクルーム:2,940円
※ 物件によっては発生しません。詳細はお問合せの際にご確認ください。
セキュリティ登録料屋内型トランクルーム:1,080円
安心保証パック540円

※詳細は「ハロー安心保証パック」をご参照ください。

引用:ハローストレージ

たとえば、4月1日に月額保管料10,000円の屋外型トランクルームを契約したとすると、初期費用は総額で39,180円となります。初期費用の内訳は次の通りです。

  • 使用料:20,000円(当月分と来月分の使用料)
  • 管理費:4,320円(2か月分)
  • 事務手数料:10,000円
  • 鍵代:4,320円
  • 安心保証パック:540円

ちなみに、屋内型トランクルームだと初期費用の総額は38,880円となります。屋外型トランクルームと比べてもほとんど変わりませんね。

ハローストレージの月額保管料を抑えるポイント

ハローストレージの月額保管料を抑えるポイントは、ずばり「キャンペーン物件に申し込むこと」です!

ここで言うキャンペーン物件とは、たとえば初期費用がタダになったり、月額保管料が半額になるなどのキャンペーンが適用されている物件のことを指します。

実際にハローストレージの公式サイトでキャンペーン物件を検索してみたのですが、なんと約990件もヒットしました!(2019年4月現在)

月額保管料を抑えたい方は、ぜひ近くにキャンペーン物件がないかどうか探してみてください。

実際の利用料金はいくら?1年間の利用料金と初期費用を計算してみた!

費用は分かっても、実際にどのくらいかかるか分からないと契約しづらいですよね。ということで、次の条件をもとに初期費用と1年間の利用料金を計算してみました!

  • 収納スペースの種類:屋外型トランクルーム
  • 月額保管料:5,000円
  • 契約期間:4月1日から1年間

まず、初期費用から見ていきましょう。

使用料10,000円(2か月分)
管理費4,320円(2か月分)
事務手数料5,000円
鍵代4,320円
セキュリティ登録料なし
安心保障パック540円
合計24,180円

続いては毎月の支払い金額です。

使用料5,000円
管理費2,160円
安心保障パック540円
1か月合計7,700円

1か月あたりの支払金額が7,700円なので、1年間で92,400円となります。高いと感じる方もいるかもしれませんが、東京都内で広い部屋を借りるよりもグッと費用が抑えられますよ。

ハローストレージのよくある質問

Q:一時的に家具を預けたいのですが、大きなサイズでも大丈夫ですか?

A:大型サイズの家具などを預ける場合は屋外型トランクルームがおすすめです。コンテナに車を横付けできるので出し入れが簡単にできます。

 

Q:トランクルームの気温はどのくらいですか?

A:屋内型トランクルームは物件によって空調設備がある場所とない場所があります。屋外型トランクルームについては天井に断熱材が使用されているため、屋外の気温+2~3度程度見ておいてください。(断熱材が使用されていない物件もあります)

 

Q:布団や洋服などは預けられますか?

A:もちろんです。ただし、保管状況によっては湿度の影響を受けることがあるため、除湿剤や”すのこ”などを活用して保管してください。

まとめ

ハローストレージの評判をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?ただ荷物を預けるだけでなく、色々な活用方法があることがお分かりいただけたかと思います。

ハローストレージのトランクルームは屋内型と屋外型がありますので、ぜひ色々な物件をチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です